忍者ブログ
ぴーちゃんとの甘い生活は終わり、 ぷーちんとの新しい生活がスタートしました
| Admin | Res |
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [263] [262] [261
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぴーちゃんはその後食べ続けています。
でも吐き戻しもひどくなりました、喰っちゃ吐き喰っちゃ吐きしてます。
顔は吐くたびに粘液がでるのでぐっちょり、かなり壮絶な顔です。
はっきりいってブサイクです(汗

同じ病気で戦ってるセキセイちゃんの飼主さんがいるんですが、
その方が別の病院にかかったのでその報告がメールできました。
とてもわかりやすい説明で鳥の扱いにもたけ、
この先生にかけてみることにする。
そして、私にも是非この病院にかかってもらいたい、うちに泊まってもいいから。
という内容でした。
非常に魅力的でした。この病院の治療法は私も前々から気になってたので、
この報告はかなり私の心にぐぐっと来たのですが、
さすがに他県までぴーちゃんを連れて行くのは・・
しかも1回の診療ではすみません通院となると、
やはりこれは私のできる範囲のことじゃないと思いました。

この獣医さんの治療は、そのうと胃の間にある管の炎症を抑えて拡張させる注射を
3-5回連続して打つのです。
インコの吐き気の原因はその管が炎症を起こして食べたものが胃にいかないというのが
この獣医さんの見解。
今、ぴーちゃんの治療は胃の炎症を抑えて吐き気をとめる治療
微妙に違います。今の治療ではもう治らないことはわかっているので
試すだけの価値があるのです。
胃がんなのはしょうがないけど、せめて吐き気だけでもとめてあげたい・・
これはつらい延命治療じゃなくて、ぴーちゃんが楽になるための治療。
なんとか受けさせるにはと考えた結論。

今の主治医にこの注射治療をさせる!!

これしかありません。
月曜の朝、早速注射治療をしている獣医さんに電話。
「一度診て頂きたいとは思いますが、私福岡に住んでいるんです」というと、
その獣医「あぁ、それは無理だね。困ったなぁ。主治医の了解をとれば、
                  その注射の調合の仕方教えますよ」

なんと!!! 私がお願いする前にその獣医さんが言ってくれました。
診察もしてないのに、絶対教えてくれないだろうな・・難しいだろうな・・・と思っていたのに!!
私「わかりました! 主治医に電話して了解をとります」
獣医「あっ、でも丁寧に慎重に聞いてくださいね。かなり気を悪くされるかもしれないので」

・・・そうですよね・・・やはりこっちのほうがハードルが高そうです。
私は同業ではないけど、同じ仕事人としてわかります。
自分のやってる仕事を顧客からケチつけられて別のやり方をやれなんていわれたら・・
怒り心頭ですもの・・・(汗
でも、こんなこと言ってる場合じゃありません、私はぴーちゃんのためにやらねば。
それにうちの主治医はやさしいし(爆) むげには断れないだろうってこともわかってました。

そして主治医に電話。やはりいい返事は返ってきません、
なんとか泣き落としで説き伏せて了解をえました(爆)
そしてまた獣医さんに電話。注射のレシピを教えてもらいました。
これが大変、聞きなれない薬名専門用語に頭パニックになりながらメモをとりました。
そしてそれを清書して主治医にFAXして電話。
主治医は薬の説明をしてくれて手持ちがあるから治療は可能とおっしゃいましたが、
薬の薄め方がこれじゃわからないようで・・・(汗
「薬容量聞いてもらえます? 我々はだいたいそれでわかるようになってますから」
とおっしゃるので再び獣医に電話したら
「薬容量? うーんわからんねぇ、うちはこうしているから・・・」
うちの主治医とその獣医多分親子ほどの年齢差があると思うのです。。。
薬の処方の仕方が、うちの主治医が洋風ならその獣医は和風な感じです。
同じ獣医同じ鳥の専門医でこうも違うのかと愕然。
「とりあえず、これでわかるかなぁ。わからなかったら直接電話もらっても私はかまわないよ」
と獣医がおっしゃってくれたので、もう一度メモを取って、
主治医に電話。あいにく診察に入ってしまいました。
そのことをFAXしておいたらお昼休みに電話がありました。

「薬の調合の仕方わかりました。いいと思いますよ。やってみましょう」
とやっと待ってたお返事を頂きました。

あぁ~よかった。もうこんな無理難題失礼極まりないお願いを聞いてくれた主治医に感謝です。
そして一銭の得にもならないのに相談にのってくれた獣医さんにも感謝です。
私の背中を押してくれた闘病仲間にも感謝です。
朝から大変疲れれましたけど、ぴーちゃんがこれで少しでも楽になってくれれば!
注射治療は今日(水曜日)からスタートです。
5日間連続で通います。私もハードです月末なのに残業できない。
でも、ぴーちゃんのためにがんばらねばっ。

長くなりましたけど、また続きがあります。

実家のアイドルで私の弟分のいちのすけ(犬・♂・8歳)
先週の金曜日から体を壊して病院に通ってます。
肝臓と腎臓が悪くて黄疸がでてしまい、食欲もないので、
毎日点滴治療をしてました。

月曜の夜亡くなりました・・・・(涙
お盆に実家に帰ったときはとても元気そうだったのに、
まさかぴーちゃんより先に逝ってしまうとは思いもしませんでした。
亡骸を見てないので未だに信じられませんが、
もういちのすけに会えないと思うと涙がでます。

昨日(火曜日)、家の庭に埋めたそうですが、
ご近所さんやらいちのすけの犬友達が
たくさんお供え物を持ってやってきてくれたそうです。
人間より豪華なお葬式ができたのではないかと思われます(爆)

いちのすけはヘタレでしたが、とてもおとなしくていい子でした。
だからご近所さんやたくさんの犬友達から愛されたんだと思います。
こんなかわいい子がどうして逝ってしまわなきゃいけないのかわかりません。

もちろん飼主の親や私の管理が悪かったのだと深く反省してます。
でも親はいちのすけを愛情を持って育てていました、
だからいちのすけは幸せだったと思います。

いちのすけはぴーちゃんが嫌いというか怖がってました^^;;
ぴーちゃんが飛び回るたびにびくびくしてました
だから、きっとぴーちゃんがそっちに行こうとすると絶対拒むと思います(笑)
ぴーちゃんがんばって生きるんだよ~
いちのすけ全力でぴーちゃんが来るのを拒むんだよ~
頼むよっ!!
18619423_2291009715.jpg






PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
よかったですね!!!
お医者さんが、薬のレシピを教えてくださってよかったですね。
主治医の先生も、ちょこっとプライドは傷ついたかもしれませんが、先方のお医者さんに気を使ったという気持ちもあったのかもしれません。
それに、教えていただいたレシピでぴーちゃんが少しでも楽になるようだったら、主治医の先生も、新しく治療法を知ったことになるので、損はない思います。
ぴーちゃんだけでなく、同じような症状で辛い思いをしている鳥さんたちをもっと助けられますもんね。
がんばれ!ぴーちゃん!!!
宜しく主治医の先生!!!

いちのすけちゃん。
ご近所からも愛されていたんですね~。
…悲しいけれど、いってしまった子に「帰ってきて!」とはいえません。
病の苦しさが終わったことだけでも、救いです。と思うしかないかな…。
でも、やっぱり淋しいですね。
mau URL 2008/08/27(Wed)16:12:31 編集
応援ありがとうございます
そうなんです、私ももしこれでぴーちゃんの症状が改善すれば画期的なことではないかと思ってたんです!
きっと福岡で同じ症状で苦しんでいるセキセイちゃんが助かるかもしれないし、
胃がんに進行しなくて長生きできるかもしれない!
ぴーちゃんだってもしも胃がんじゃなければ
長生きできるんですもの。
どうか注射が効いて欲しいです(効かない子もいるんですよ~)

つらい延命治療じゃないとは書きましたけど、
毎日の通院2本の注射。
ぴーちゃんにはかなりつらいことだと思います。
でもがんばって欲しいと切に願います。
だから、私は今いちのすけのことで悲しんでる場合じゃないんです!!!

。。。でも、いちのすけのことはやっぱり悲しいですね。
写真見るたびに、「なんで?」って思います。
何も食べれなかったのでしんどかったとは思いますが、
安らかに眠ってるような顔をしてたそうです。
だから低血糖による発作がなかっただけましかなぁ
点滴をうっててよかったと思います。
まぁこ URL 2008/08/27(Wed)17:09:03 編集
無題
まぁこさんの思いが通じたんですね。

よく同じ大学病院内であっても他の科の医師の
助言を無視して取り返しつかなくなったこと
等時々耳にしますよね。

医師も変なプライドはかなぐり捨てて
今そこにある命をいかにして救うかに専念
して欲しいです!

ともあれひとすじの光を見出したようで
嬉しいです!

いちのすけくん、愛し愛されて天寿を
全うされたのですね。
つらいけど、きっとまぁこさんとぴーちゃんを
見守ってくれてるはずです!
りあん 2008/08/28(Thu)12:25:34 編集
横のつながり・・
あるようでないような医療業界ですよね^^;;
変なプライドが邪魔してるのかな。

昨日話した感じでは、うちの主治医はプライドというか
自分で納得しないと治療はしないような感じでした。
だから、こっちがきちんと説得させることができればなんでもやってくれるようです♪
柔軟な先生で助かりました~

はい♪ 何もしないで見守るより、
何かやってあげたほうが私も納得できます
ぴーちゃんにはつらいけど、楽にはなれると思うので
がんばって通院することにします~

いちのすけは、なんというか・・・
未だに思い出しては心ちくちくです。
本当に本当にいい子だっただけに・・・
悲しいですね~
ぴーちゃんがそっちに行こうとしたら
絶対追い返して欲しいです。
頼むよ!

まぁこ URL 2008/08/28(Thu)17:03:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぽちっとおねがいします!
にほんブログ村 鳥ブログ サザナミインコへ にほんブログ村 鳥ブログへ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[03/07 まぁこ]
[03/07 ぴえもんて]
[03/07 まぁこ]
[03/07 Chiririn]
[03/06 まぁこ]
リンク
プロフィール
HN:
まぁこ
性別:
女性
職業:
お局
趣味:
現実逃避
自己紹介:
映画とミュージカル大好き人間です。
20年の9月にセキセイインコぴーちゃんとの生活が終わり、
現在はサザナミインコぷーちんと暮らしております。
ブログ内検索
いまいくつ?
ぷーちん
えりちん
めどべぇ
バーコード
FX NEWS

-外国為替-
アクセス解析

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory     Material by cherish

忍者ブログ [PR]